ブログ

広告主視点で見るアフィリエイターに嫌われないようにするには

ECサイトやネットサービスでアフィリエイトサービス(広告主)を活用されている方もいらっしゃいます。自分もネットの勉強にためにアフィエイトをしていますが、アフィリエイターの視点から見ると、アフィリエイトをしやすい商材やサービスはあります。アフェリエイター向きのブログ記事等は多いのですが、広告主視点でみた記事は少ないので書いてみました。

上から目線の広告主は嫌われる

「いかにも提供してやっている感」や「売ってくれる人としてしかみなしてない」のような広告主はアフェリエイターからすると敬遠したくなります。少なくもアフェリエイトは商材に関してファンで好きで書いている人も多いので、そういう人の期待を裏切らないこと大事です。アフィリエイターは商品を売るために、ボランティアではなく多くの時間を割いてブログ記事等を書いています。そういう点も考慮した出稿が大切だと考えます。

料率が高ければアフェリエイターが喜ぶわけではない

広告主側の担当の方の多くは、アフィリエイトをしたことのない方が多いのではないでしょうか?。そうした場合、料率が高ければアフィリエイターがたくさん宣伝してくれると思っているパターンが多いです。アフィリエイターからしてみると、料率が高くても宣伝素材が少ない場合、なかなか記事化・文章化できない等工数がかかるので敬遠されがちです。利率が低いが記事化・文章化できたほうが、簡単にできるので購買率・回転率がいいのでそちらのほうを好むアフィリエイターも多いと思います。また度重なる商品の変更や品切れ等もアフィリエイトのリンクの張り替え等が必要になるので敬遠されがちです。アフィリエイターは自分のブログなりでせっかく紹介しても品切れの場合、報酬が入ってこないなど等でモチベーションが下がります。

アフェリエイト素材の提供が重要

アフィリエイトをする場合、必ずアフィリエイトASPサービスを利用すると思いますが、素材が重要です。例えばバナーサイズを複数用意(ブログでよく使われるバナーサイズを必ず用意)をしたり、メルマガ用キャッチや商品のセールスポイント・商品写真を用意したりして、アフィリエイターの書き手が紹介しやすい環境を提供することが大切です。これはプレスリリースの時にも有効です。プレスリリースキットやきちんとプレスリリースまとまっているほうがメディアに取り上げられる確率が高いです。

ランディングページ作り込みが重要のCVRを上げましょう

アフェリエイターに宣伝してもらっても、リンク先のランディングページの成約率が低いと広告主・アフェリエイターともに損してしまいいます。情報量の少ない成約率の低いランディングページはアフェリエイターから見ると嫌われます。アフェリエイトを始める前にランディングページの充実。CVRを上げる必要があります。ランディングページに限らず商品説明ページ等を作り込み事により、アフェリエイターも文章が書きやすくなるのでとても重要です

マーケティングデータの提供も重要

人気のアフェリエイターにはサンプル商材の提供等も可能なように準備しておくことをおすすめします。また成約率が高いキーワードや・購入ユーザー層・どういう目的で購入するかなどマーケティングデータも説明するとより精度の高いアフェリエイトをしてくれる可能性が高いです。

ウェブ関するご相談受付中

上記内容に関して具体的に知りたい方・ウェブに関するご相談を受け付けております。

ご相談事例>>