Blog

WEBサイト・ECサイトでのPDCAサークルの重要性と運用ポイント

すでにWEBサイトやECサイトを運営している場合には、Planからではなく、まずはCheckから始めるべき

すでにWEBサイトやECサイトを運営している場合には、Planからではなく、まずはCheckから始めるべきだと考えます。PDCAサークルは「Plan・Do・Check・Action」ではPlan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)を繰り返すことで、業務をどんどん改善していく手法ですが、すでにWEBサイトやECサイトを運営している場合には、Planからではなく、まずはCheckから始めるといいでしょう。具体的にはまずはアクセス解析です。GoogleAnaliticsが設置されている場合はGoogleAnaliticsを見ることから始めるといいでしょう。設置されていない場合はまずは設置をしましょう。

GoogleAnalicitcsの見るべきポイント

GoogleAnalicitcsは高機能なのでどこを見ていいのかわからないと思いますが、ポイントはトラフィック数(ユーザー数・ページ数)・直帰率・離脱率・検索キーワード・リンク元・どのページが見られているか等になるかと思います。じっくり観察することにより、どこから来て、どのページが見られているか等が見えてきます。例えば「花瓶」のページの訪問者数が多いけど、直帰率・離脱率が高い場合。色々問題が考えられます。例えば下記のことが考えられるかもしれません。

1.ページ自体がわかりづらい(レイアウト・文面・写真等)
2.そもそもユーザーが求めたページ・商品でない
3.どこか(テレビやサイトやSNS)で紹介をされている

1.の場合はサイトのデザイン改善をすることにより、直帰率・離脱率等が改善され、購買率や顧客満足度が上がると思います。こうしてPDCAサークルを繰り返すことにより、パフォーマンスの良いサイトになっていきます。


【上記内容に関して詳しく知りたい・WEB関連に関するご相談・業務のご依頼はクレアリンクスへご相談下さい>>】

【前の記事】«
【次の記事】 »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加