Blog

集客アプローチをすべき時期・ポイント

WEBサイト・ECサイトの最大の悩みはいかに集客すべきかだとおもいます。よほど魅力的なコンテンツ・商材でない限り、自然とお客さんはくるわけでもなく、集客に頭を悩ませている運営者は多いのではないでしょうか?
集客する時期にもポイントがあります。例えばサイト開設時にいきなり集客をして、サーバーダウンやサポートが整っておらずクレームの嵐というパターンもありますし、サイトのナビゲーションが上手く行かず、直帰率だけが上がってしまうというパターンもあります。

いきなり一斉に告知するのではなく、つねに効果測定をしながら

まずはいきなり集客をせず、しばらくは運用をなれるまで様子を見て段階的に集客をするのがおすすめです。集客手段もいきなりプレスリリースや広告ではなく、既存ユーザーのメールマガジン等からはじめて手応えを掴んだ後に新規ユーザーの集客等行うのが望ましいと思います。それぞれの集客媒体ごとに効果測定を行うことが重要です。そのためには常にGoogleAnalicis等で直帰率や一人あたりのページ閲覧数・コンバージョン数等を把握して、安定した数値になった時点で集客に注力を注ぐのがいいでしょう。直帰率70%のページと直帰率30%のページとでは購買等リターンが全然違ってきます。まずは直帰率を下げてから安定して集客をするのがいいでしょう。


【上記内容に関して詳しく知りたい・WEB関連に関するご相談・業務のご依頼はクレアリンクスへご相談下さい>>】

【前の記事】«
【次の記事】 »
  • このエントリーをはてなブックマークに追加